バルブメーカーとしての使命を堅持しつつ、
新たな100年に向けた挑戦に取り組んでいます。

電源構成のベストミックスに貢献する企業として

当社は、1922(大正11)年に創業して以来、バルブ総合エンジニアリングの可能性を拓いてきました。その昔、船舶向けバルブから始まり、石油化学プラント、火力・原子力等の発電プラントへと、屈指の鋳鋼技術を基盤にして、より高品質なバルブ製品の安定供給、そして高度なメンテナンス技術を提供することに邁進してきました。

こうした歴史的な背景を踏まえ、当社の使命は第一に電力の安定供給に貢献することにあります。そのため、今後も高品質なバルブ製品を提供し続けるとともに、長期にわたる適切なメンテナンスサービスを通じて、いかなるときも発電所の正常な運転を保つことに寄与することが使命と考えております。

そのような中、我が国の電源構成のベストミックスの観点から、原子力発電所の重要性が今後も継続する中で、とりわけ当社は原子力発電所の安定、安全運転を支える重要弁を長年にわたり供給してきました。今後もエネルギーインフラを支える重要弁をはじめとした製品群の安定供給と維持管理は当社の最重要課題であることに変わりはありません。あわせて、原子力発電所を取り巻く環境の変化を踏まえて、廃炉や除染といった関連領域での貢献も追求していく必要があると考えております。

時代の先を見すえた新たな挑戦が始まっています

我々メーカーはその時代時代の変化や技術の進歩を見すえた新たな挑戦もまた欠かせないと考えています。中期経営計画では、戦略の一つとして「新分野・新事業への取り組みの強化」を掲げています。「第4次産業革命」や「インダストリー4.0」といわれるように、自律型テクノロジーが急速に発展する中で、当社としてもセンシング技術などを活用した次世代バルブシステムの開発をいち早く進めています。

すでにバルブの開閉状態を内部のセンサーで判別して知らせる「Smart iVALVE(スマートアイバルブ、登録商標済み)」などの新技術を開発し、市場での導入を進めてきました。さらには、火力発電所のより効率的な稼動をめざした「先進超々臨界圧火力発電(アドバンスUSC)」の実用化のため700℃、40MPaといった超々高温高圧に対応したバルブの開発を進め、次世代の火力発電システムの実用化に貢献していきたいと考えています。

次の100年に、夢を、心を、技術をつなぐ企業へ

今後も世界規模で市場環境が変化する中では、グローバル展開を見すえた、企業間の連携が重要であると考えます。そこで当社は、中期経営計画の戦略において、「外部資源の活用」として、世界有数の日系バルブ総合メーカーである株式会社キッツとの資本業務提携を通じて、日本企業連合による競争力の強化を図っています。

この取組みによって、株式会社キッツは中・低圧分野のバルブを担う一方、当社は強みである高温高圧領域バルブへの経営資源の集中化を図ることで、両者の強みを最大限に活かし技術開発やサービス体制の強化による競争優位の向上を目指してまいります。

当社は、2022年に創業100周年を迎えます。これまで培ってきた技術や信頼、社会を支える使命感を継承しつつ、環境の変化などに柔軟に対応し、今後も新たな100年に向けて挑戦していきたいと考えています。
そこで中期経営計画では、スローガンとして「次の100年に、夢を、心を、技術をつなごう」を掲げました。

バルブという暮らしや産業に不可欠な製品を通じて、当社は明るい未来の創造に貢献することで、これからもさらなる発展をめざしてまいります。

代表取締役 笹野 幸明

Page Top