種類別:

選択してください

用途別:

選択してください

用途別:原子力発電用

低中圧ウェッジゲート弁

呼び径(mm) 15~600
流体
圧力クラス 150~900Lb
温度範囲
主な耐圧部材料 炭素鋼、Cr-Mo鋼、ステンレス鋼(JIS材、ASME材、ASTM材、○火材)
  • 低圧/中圧弁として各圧力クラス毎に設計されたウェッジゲート弁
  • 分解が容易に行えるようフランジボンネットを採用
  • 呼び径50mm以下はソケット溶接が標準。65mm以上は溶接タイプが標準
  • 弁体/弁座に角度を設けていることでトルク切の場合はウエッジが効果的に働き低圧でも漏れない構造を確保。極低圧では採用できないがリミット切の場合は、一次側流体押しつけ力による出口側面圧でシールする構造
  • フレキシブル弁体の採用によりシート面の密着性を確保

高圧ウェッジゲート弁

呼び径(mm) 15~600
流体
圧力クラス 1500~4500Lb
温度範囲
主な耐圧部材料 炭素鋼、Cr-Mo鋼、ステンレス鋼(JIS材、ASME材、ASTM材、○火材)
  • 超々臨界圧発電プラントに使用されるような高圧まで各圧力クラス毎に設計されたウェッジゲート弁
  • 内部圧力を利用したプレッシャーシールボンネットを
    採用
  • 呼び径50mm以下はソケット溶接が標準。65mm以上は溶接タイプが標準
  • 弁体/弁座に角度を設けていることでトルク切の場合はウエッジが効果的に働き低圧でも漏れない構造を確保。極低圧では採用できないがリミット切の場合は、一次側流体押しつけ力により出口側面圧でシールする構造
  • フレキシブル弁体の採用によりシート面の密着性を確保

開放形安全弁

呼び径(mm) 40~200
流体 蒸気
圧力範囲 0.1~42.9MPa以下
温度範囲 650℃以下
主な耐圧部材料 炭素鋼、Cr-Mo鋼(JIS材、ASME材、ASTM材、火技解釈材)
  • 開放形安全弁は円筒コイルばねによる直動式の
    蒸気用安全弁
  • 低圧から最新の超々臨界圧火力発電プラントに使用
  • 中低圧用(ヨーク式)と高圧用(ピラー式)にて区別しており、JIS B 8210(蒸気用及びガス用ばね安全弁)及び発電用火力設備の技術基準の規格等で規定されている性能を満足する構造

密閉形逃し弁

呼び径(mm) 20~200
流体 ガス、液体(水)、蒸気
圧力範囲 0.1~46.2MPa ※1
温度範囲 常温~373℃ ※1
主な耐圧部材料 炭素鋼、Cr-Mo鋼、ステンレス鋼(JIS材、ASME材、ASTM材)
  • 密閉形逃し弁は吹出し流体が外部(大気)に開放出来ない場合に適用される逃し弁
  • 適用流体はガス、液体(水)及び蒸気に対応でき流体に適した構造及び材料を選定
  • 出口側に背圧があり吹出し圧力へ影響がある場合も一部小口径を除き、背圧相殺機構としてベローズの採用可能
※1
圧力範囲、温度範囲は流体により異なります。

加圧器安全弁

呼び径(mm) 100・150
流体 蒸気
圧力範囲 17.16MPa ※2
温度範囲 353℃(飽和温度) ※2
主な耐圧部材料 JIS SCS14A
  • 加圧器安全弁はPWR型原子炉1次系加圧器の過圧防護として使用される
  • 開発にあたり電力殿及びプラントメーカー殿と共同研究を実施し、原子炉冷却系統の加圧防護装置に設置される安全弁
  • JSME弁クラス:クラス1安全弁
※2
納入実績値

真空逃し弁

呼び径(mm) 300・500
流体 蒸気
圧力範囲 0.0005~0.0007MPa(開弁差圧) ※2
温度範囲 141℃以下 ※2
主な耐圧部材料 JIS SF490A、SCPH2
  • 真空逃し弁はPWR型原子炉鋼製格納容器に
    直接設置される
  • 格納容器内の事故時、格納容器を冷却するためスプレー設備が作動しますが、それに伴い格納容器内が負圧となり大気との差圧が格納容器に負荷されます。真空逃し弁は許容負圧を下まわらないように、大気を格納容器内に導入し格納容器を破損から守る安全装置
  • JSMEクラス:クラス2安全弁
※2
納入実績値

主蒸気安全弁

呼び径(mm) 100・125・150
流体 蒸気
圧力範囲 7.46~8.58MPa ※2
温度範囲 292~301℃(飽和温度) ※2
主な耐圧部材料 JIS SCPL1
  • 主蒸気安全弁はPWR型原子炉の蒸気発生器の2次系側過圧防護として使用される
  • 主蒸気隔離弁と蒸気発生器との間に設置
  • JSMEクラス:クラス2安全弁
※2
納入実績値

湿分分離加熱器逃し弁

呼び径(mm) 400・600
流体 蒸気
圧力範囲 1.07~1.59MPa ※2
温度範囲 195~316℃ ※2
主な耐圧部材料 JIS SCPH2
  • 湿分分離加熱器逃し弁はPWR型原子炉の大容量タービンに設置されている再熱器(湿分分離器)の過圧防護として使用されている大型の圧力逃し弁
  • パイロット弁により主弁を駆動する方式を採用しているため、通常のばね式逃し弁に比べコンパクト化
    されている
※2
納入実績値

クロスアラウンド管安全弁

呼び径(mm) 550
流体 蒸気
圧力範囲 1.52~1.69MPa ※2
温度範囲 256~260℃ ※2
主な耐圧部材料 JIS SCPH2
  • クロスアラウンド管安全弁はBWR型原子炉の大容量タービンに設置されている再加熱器(湿分分離器)の過圧防護として使用されている大型の圧力逃し弁
  • パイロット弁により主弁を駆動する方式を採用しているため、通常のばね式安全弁に比べコンパクト化
    されている
※2
納入実績値

低中圧小口径玉形弁

呼び径(mm) 15~50
流体
圧力クラス 900Lb(150~600Lbも900Lb流用)
温度範囲
材料 炭素鋼、Cr-Mo鋼、ステンレス鋼(JIS材、ASME材、ASTM材、○火材)
  • フランジタイプ小口径玉形弁
  • JIS及びASMEソケットタイプを標準品として採用
  • 弁箱材料標準は15mm~25mmは鍛造材、40,50mmは鋳鋼材を採用
  • 弁閉止には一次側圧力による弁押し上げ力を抑え込む必要から仕切弁と比べて大きなハンドル操作力が必要

低中圧大口径玉形弁

呼び径(mm) 65~300
流体
圧力クラス 1500~4500Lb
温度範囲
材料 炭素鋼、Cr-Mo鋼、ステンレス鋼(JIS材、ASME材、ASTM材、○火材)
  • フランジタイプ大口径玉形弁
  • 開先溶接タイプを標準品として採用
  • 標準は鋳鋼弁箱採用
  • 弁閉止には一次側圧力による弁押し上げ力を抑え込む必要から仕切弁と比べて大きなハンドル操作力が必要

低中圧スイング式逆止弁

呼び径(mm) 65~400
流体
圧力クラス 150~900Lb
温度範囲
材料 炭素鋼、Cr-Mo鋼、ステンレス鋼(JIS材、ASME材、ASTM材、○火材)
  • 低圧/中圧弁として各圧力クラス毎に設計された
    スイング式逆止弁
  • 入口側の流体力を利用し自動開、逆流に対しては弁体背圧により自動閉する弁構造
  • 自動的に閉止することから緊急遮断用に利用可能
  • 仕切弁、玉形弁と比較して構造が簡単
  • 差圧が小さいと全開せず、ハンチングやフラッタリングを起こす可能性あり
  • 配管への取り付け方向に制限がある
  • 人的操作力での強制開閉不可

中圧リフト式逆止弁

呼び径(mm) 15~50
流体
圧力クラス 900Lb(150~600Lbも900Lb流用)
温度範囲
材料 炭素鋼、Cr-Mo鋼、ステンレス鋼(JIS材、ASME材、ASTM材、○火材)
  • 中圧小口径弁として各圧力クラス毎に設計された
    リフト式逆止弁
  • 玉形弁から弁棒および操作用部分を削除した構造
  • 入口側の流体力を利用し自動開、逆流に対しては弁体背圧により自動閉する弁構造
  • 玉形弁と同様の弁箱を使用するため圧力損失は大きい
  • フランジボンネット採用
  • 配管への取り付け方向に制限がある
  • 人的操作力での強制開閉不可

低中圧チルチング逆止弁

呼び径(mm) 50~600
流体
圧力クラス 150~900Lb
温度範囲
材料 炭素鋼、Cr-Mo鋼、ステンレス鋼(JIS材、ASME材、ASTM材、○火材)
  • 低圧/中圧弁として各圧力クラス毎に設計された
    チルチング逆止弁
  • 入口側の流体力を利用し自動開、逆流に対しては弁体背圧により自動閉する弁構造
  • ポンプの出口弁として利用
  • 弁体の回転軸が弁体中心に近いためスイング式逆止弁と比較すると小さな差圧で開閉が可能
  • コニカルシート採用
  • 配管への取り付け方向に制限がある
  • 人的操作力での強制開閉不可

抽気逆止弁

呼び径(mm) 200~600(大型弁は別途相談要)
流体
圧力クラス 150~900Lb
温度範囲
材料 炭素鋼、Cr-Mo鋼、ステンレス鋼(JIS材、ASME材、ASTM材、○火材)
  • 抽気ラインに設置されタービン停止時の蒸気逆流が発生することでタービンバランスが崩れ、タービン損傷になる様な致命的損傷を回避のために設置される
  • エアシリンダーの操作力を利用しスイング逆止弁の閉弁機能を向上させ、高い信頼性を維持し機能させる弁
  • 運転中でも健全性が確認できる構造が求められる
  • 圧力損失が大きいとタービン出力に影響するため弁箱内部に特徴がある設計

低中差圧用ニードル弁

呼び径(mm) 15~200
流体
圧力クラス 150~4500Lb
温度範囲
材料 炭素鋼、Cr-Mo鋼、ステンレス鋼(JIS材、ASME材、ASTM材、○火材)
  • 流量調整が可能と出来る弁体構造
  • 低差圧用はクイックオープンの玉形弁弁体形状を要求流量に合せ設計
  • 中差圧用は低差圧用弁体の振れを防止するために弁体ガイドを設けた形状に設計
  • 流体条件により弁構造を選定し、
    一品一葉の適正構造選定
  • その他の特徴は玉形弁とほぼ同一

燃料移送管仕切弁

呼び径(mm) 500~550
流体
圧力クラス 150Lb
温度範囲
主材料 JIS SCS13A
  • 原子炉格納容器バウンダリを構成する燃料移送管の端部に設置される
  • 操作部を除き水没状態で弁操作される為、構成部品は原則オーステナイト系ステンレス鋼を使用

主蒸気隔離弁

呼び径(mm) 600~750
流体
圧力クラス 600~900Lb
温度範囲
材料 JIS SCPL1
JIS SCPH2
  • PWR型原子炉の主蒸気隔離弁として、蒸気発生器の出口部に設置される
  • 主蒸気管破断等の不測の事故時に蒸気が大気中に放出されないよう主蒸気管を遮断するために使用

主蒸気逆止弁

呼び径(mm) 650~750
流体
圧力クラス 600~900Lb
温度範囲
材料 JIS SCPH2
  • 主蒸気逆止弁は蒸気発生器が損傷した場合に他の健全側蒸気発生器からの主蒸気の回り込みを防止するために設置されている。
  • 本弁は蒸気量が少ない状態の時は、弁体のチャタリング防止対策としてカウンターウエイト構造を
    採用している。

安全注入系逆止弁

呼び径(mm) 300
流体
圧力クラス 1550Lb
温度範囲
材料 JIS SCS 14A
  • 原子力発電所の安全系統には、格納容器を貫通する部分の配管に逆止弁が隔離弁として使用される。
  • 通常閉弁状態で使用され、事故時に安全系統の設備が動作する場合に開弁する機能が求められる。
Page Top