TVEが求める人材像

新たな発想と挑戦する心、
そしてものづくりに対する情熱を持った人に
会社の未来を託したいと思います。

創業100周年を控え、いま第二の創業期へ

当社はおよそ1世紀にわたり、バルブ製品を通じて暮らしや産業の根幹を支えてきました。いかなる時代でも、社会においては電力の安定供給は必要不可欠であり、中でも、電力分野では原子力や火力発電プラントの重要弁を手がけ、電力の安定供給にバルブ技術を通じて貢献してきたという誇りと使命はこれから先も変わることがありません。

当社の約100年を振り返ったとき、船舶市場での開拓をはじめ、戦後は石油化学分野、そして電力分野と、時代ごとに変わる市場とニーズを開拓したことで、企業としての成長を成し遂げてきました。しかし、今後は社会情勢や技術の進歩が目まぐるしく変化するなか、従来のやり方や考え方、行動するだけでは企業としてのさらなる発展は見込めないでしょう。そのような中当社では現在「第二の創業の時」をテーマに、時代の先を見すえた挑戦に取り組んでいます。この取り組みを加速していくために、新しい挑戦を担う若い人財を社内に迎え、しっかり育てて、活躍の場を提供することこそ、当社にとって最も重要な課題の一つといえます。

当社の底力をこれからの社会貢献に役立ててほしい

当社は原子力発電所向け高温・高圧域バルブ総合企業として圧倒的な地位を築いています。加えて、火力発電所や石油化学プラントなど幅広い分野で、技術開発を継続して進め、市場をリードしてきました。こうした取り組みの中で、蒸気などの流体制御や鋳鋼、溶接、計測・分析などさまざまな領域で、独自の技術を蓄積しています。それらの多岐にわたる技術を既存のお客様、新たな市場、新たなお客様のもとで活用することで、当社はさらに大きく飛躍することができると考えます。

また、製品群にしても、300k、400kクラスの高温高圧バルブを手がけることもできるメーカーは、当社を含めて世界でもごくわずかです。そこで、圧倒的な競争優位にあるものづくりを活用した新たな挑戦が始まっています。たとえば、グローバルで開発競争が加速する航空宇宙産業の分野。当社の要素技術を組み合わせることで、今までにない製品を生み出し、産業の発展に貢献する可能性があります。

このほかにも、新たな発想と挑戦する心、そしてものづくりに対する情熱をもって、今までなかった価値を創造し、社会に大きく貢献していくだけの底力が当社にはあります。この底力を新時代の中で活かし、社会貢献につなげることのできる人財を当社は求めています。ここでは当社だからこそ追求できる仕事のやりがい、達成感がきっと見つかるはずです。

社員の自主性を促し、挑戦しがいのある企業へ

現在、当社では、新たな挑戦に挑む企業をめざして、経営組織や風土の改革に乗り出しています。たとえば、ものづくりについては「TOA Management Evolving System(東亜の経営を進化させる仕組み)」の活動を通じて、会社経営効率向上活動の一環としてすべての事業活動における生産性向上を図るため、組織横断的な活動を展開し「納期」「コスト」「品質・サービス」で顧客に貢献できる企業を目指す事を目的として社員一人ひとりの自主性を養うとともに、仕事のやりがい向上を図っています。加えて、多様な働き方の観点から女性社員の活躍推進などに取り組んでいるほか、人事評価制度の見直し、経営トップとの個人面談の実施などを通じて、自主性や挑戦する意欲、やりがいを醸成しています。 トップとの個人面談の実施などを通じて、自主性や挑戦する意欲、やりがいを醸成しています。

以上のような取り組みを通じて、何か新しいことに挑戦したいと考える皆さんにとって、当社はより働きがいのある場となっていくはずです。今後、若い社員の方々が、当社が培ってきた価値を活用し、世の中に役立つ製品やサービスの提供を通じて、さらなる社会貢献をめざしてほしいと願っています。

株式会社TVE
代表取締役 笹野 幸明

私たちの強み

事業内容

Page Top